巨人が抑えに抜擢も…データが示す山口俊「ノミの心臓」

公開日: 更新日:

 贖罪のチャンスではある。

 やることなすこと裏目の巨人が、起死回生の一手に出る。昨季FA加入した山口俊(31)の抑え抜擢だ。

 巨人は守護神のカミネロが7月上旬に右ヒジ故障で二軍落ちすると、代役のマシソンも7月末に左ヒザ痛を訴え、戦線離脱。3人目の守護神となったアダメスは、もっか4試合連続失点中と期待を裏切っている。

 山口は横浜(現DeNA)時代、年間を通じてリリーフに専念した2008年から13年までは通算111セーブ。経験を考えれば、ナットクの人選だろう。

 しかし、いかんせんメンタルがもろく、上記の08~13年で通算23敗している。特に走者を出すと途端に制球が定まらない悪癖があり、14年から先発に転向したのは、最終回の重圧に耐えられなくなったという理由からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  3. 3

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  4. 4

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    GM作物は子供が好む菓子に含まれているがなぜか表示はない

  10. 10

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る