• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エ軍大谷が会見で右肘に言及「今すぐ(手術)はない」

 エンゼルス・大谷翔平(24)が今季終了まで打者で出場することになった。

 7日(日本時間8日)のホワイトソックス戦を前に遠征先のシカゴで取材に応じ、新たな損傷が見つかった右肘に関して「今すぐに(手術)ということはないので、このままシーズンをしっかり最後まで自分らしくプレーしたい」と断言。今季はマウンドには上がらず、DHに専念する。

 診察を受けた医師からは、すでに靱帯を再建するトミー・ジョン手術を勧められているが、「いくつか選択肢があるので、その中の1つを選択して、進んでいくという感じだと思います」と、依然として慎重な姿勢を崩さなかった。

 大谷は本拠地アナハイムに戻る10日に、球団と話し合って今後の対応を決める予定。仮に患部にメスを入れれば、投手として復帰までに1年以上を要する。多くの米メディアは来季は打者限定の起用になるとの報道も目立つ。来季以降の二刀流続行については「今のところはその方向で進むつもりです」と意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る