エ軍大谷が会見で右肘に言及「今すぐ(手術)はない」

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が今季終了まで打者で出場することになった。

 7日(日本時間8日)のホワイトソックス戦を前に遠征先のシカゴで取材に応じ、新たな損傷が見つかった右肘に関して「今すぐに(手術)ということはないので、このままシーズンをしっかり最後まで自分らしくプレーしたい」と断言。今季はマウンドには上がらず、DHに専念する。

 診察を受けた医師からは、すでに靱帯を再建するトミー・ジョン手術を勧められているが、「いくつか選択肢があるので、その中の1つを選択して、進んでいくという感じだと思います」と、依然として慎重な姿勢を崩さなかった。

 大谷は本拠地アナハイムに戻る10日に、球団と話し合って今後の対応を決める予定。仮に患部にメスを入れれば、投手として復帰までに1年以上を要する。多くの米メディアは来季は打者限定の起用になるとの報道も目立つ。来季以降の二刀流続行については「今のところはその方向で進むつもりです」と意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る