左腕から初のHR エ軍大谷は肉体改造でさらなる飛ばし屋に

公開日: 更新日:

 マウンドに復帰したエンゼルス・大谷翔平(24)が4日(日本時間5日)のレンジャーズ戦で「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席に16号ソロを放った。左腕からの本塁打はメジャー初。16本塁打はメジャー1年目の日本人選手としては2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並び歴代2位タイの記録だ。チームは2―4で敗れた。

 2日の復帰登板では腰の張りを訴え、打球に右手を出して薬指を痛めたが異常なし。ソーシア監督は「おそらく次の日曜日に投げられる」と、中6日で9日(同10日)のホワイトソックス戦に先発起用すると明かした。

 6月上旬に右肘を痛めた際、チームドクターからは打者としての出場は問題なしとの診断を受けている。

 今オフ、投手としては患部周辺の筋力を鍛えるなどのリハビリメニューを強いられるが、打撃練習は通常通り行うのは可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る