• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新守護神が救援失敗…巨人・山口俊“ノミの心臓”は変わらず

 巨人の新守護神がやられた。

 12日のヤクルト戦。1点リードの九回に山口俊(31)が3番手で登板した。抑えに転向後、初めてのセーブ機会でのマウンドとなったが、1死後に山田哲に死球を与えるとストライクが入らなくなる。バレンティン、畠山を連続四球で満塁。代打・宮本に中犠飛を打たれ、同点とされた。試合は延長十二回、痛恨の引き分けに終わった。

 開幕時の勝利の方程式を担った沢村、マシソン、カミネロら救援陣に離脱者が相次ぎ、今月から抑えに転向した。しかし、守護神として初登板となった8日の阪神戦は1回1失点。これで2戦連続失点となった。

 最終盤のこの時期の抜擢は、DeNA時代の「経験」が決め手だと高橋監督は説明していた。が、DeNAではナイーブなメンタル面が災いし、守護神失格の烙印を押され、先発に戻った経緯がある。巨人の抑えの重圧はどこよりも凄まじい。この男は最後まで持つか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る