4勝中3勝が G山口俊の地方球場での強さを門倉健氏が解説

公開日:

 巨人の山口俊(30)が宇都宮で行われた22日の広島戦に先発。2安打11三振を奪い、移籍後初完封勝利を挙げた。

 唯一のピンチは四回だ。1死から松山に初安打を許したあと鈴木、会沢に連続四球。満塁のピンチを招いたものの、野間、バティスタを連続三振に切って取り無失点で切り抜けた。133球の完封勝利に「真っすぐもそうだけど、フォークでも狙って三振が取れた。楽な投球ができた」と汗を拭った。

 この男、地方にめっぽう強い。新潟での4月17日のDeNA戦、長野での同24日の中日戦では、2戦連続完投勝利を挙げた。今回の完封で4勝中3勝を地方で挙げ、敗れたものの、15日の鹿児島でのヤクルト戦も2失点で完投しているのだ。

 中日、横浜などで活躍し、巨人へFA移籍の経験がある評論家の門倉健氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る