エ軍大谷DH専念なら…来季はメジャー5人目“40-40”の可能性

公開日: 更新日:

 18日(日本時間19日)のアスレチックス戦に「5番・DH」でスタメン出場、6回の第3打席で婦2試合ぶりのヒットとなる左前打を放つなど、9対7での勝利に貢献した大谷翔平(24)は、投手のタイトルよりも先に打者としての勲章を掴みそうだ。

 右肘を痛めて、来シーズンは打者に専念することが確実なエンゼルス・大谷翔平(24)。すでにソーシア監督が来季は登板させない方針を明かしていることから、トラウトとともに主軸として起用される見込みだ。大谷が来季、攻撃面に専念すれば、「40―40」(40本塁打、40盗塁)を達成する可能性もある。

 今季、DH最多の打席数はマリナーズ・クルーズの538(右翼の守備機会は3試合)で、リーグ5位の36本塁打を放っている(17日終了時)。

 今季途中まで二刀流で起用された大谷は、ここまで320打席で20本塁打。クルーズの打席数に換算すれば、約34本塁打となる。今季のア・リーグトップはアスレチックス・デービスの43本塁打(608打席)だから、大谷が本塁打王争いに名を連ねるのも可能な数字ではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る