エ軍大谷DH専念なら…来季はメジャー5人目“40-40”の可能性

公開日: 更新日:

 18日(日本時間19日)のアスレチックス戦に「5番・DH」でスタメン出場、6回の第3打席で婦2試合ぶりのヒットとなる左前打を放つなど、9対7での勝利に貢献した大谷翔平(24)は、投手のタイトルよりも先に打者としての勲章を掴みそうだ。

 右肘を痛めて、来シーズンは打者に専念することが確実なエンゼルス・大谷翔平(24)。すでにソーシア監督が来季は登板させない方針を明かしていることから、トラウトとともに主軸として起用される見込みだ。大谷が来季、攻撃面に専念すれば、「40―40」(40本塁打、40盗塁)を達成する可能性もある。

 今季、DH最多の打席数はマリナーズ・クルーズの538(右翼の守備機会は3試合)で、リーグ5位の36本塁打を放っている(17日終了時)。

 今季途中まで二刀流で起用された大谷は、ここまで320打席で20本塁打。クルーズの打席数に換算すれば、約34本塁打となる。今季のア・リーグトップはアスレチックス・デービスの43本塁打(608打席)だから、大谷が本塁打王争いに名を連ねるのも可能な数字ではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る