右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が、日本の医師にセカンドオピニオンを求めたいという。

 米経済誌「フォーブス」(電子版)は16日(日本時間17日)、大谷が球団に「手術を決める前に(日本ハムのチームドクターである)同愛記念病院の土屋正光名誉院長の診察を受けたい」と申し入れたと報じた。記事によれば、同院長は昨年11月、大谷の右肘靱帯に「グレード1」の手術を必要としない損傷があると診断。同箇所がさらなる損傷を負った場合には、肘の腱を修復するトミー・ジョン(TJ)手術が必要になるとの所見だったという。

■劇的な回復は少ない

 大谷は今月5日(日本時間6日)にMRI検査を受け、新たな損傷が発覚。エンゼルスのチームドクターからTJ手術を勧められている。手術が必要というチームドクター以外の診断を求めているということは、できれば手術は避けたい、メスを入れずに済むなら、それに越したことはないというのが本音に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  11. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る