“猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

公開日: 更新日:

 20日、ソフトバンクの中村晃(28)がチームを救う一打を放った。7―7で同点の八回、2死満塁の場面で決勝打となる左前打。逆転2位を狙う日本ハムとのゲーム差を「4」に広げた。

 お立ち台では、「みんなでつくったチャンス。何とか走者を返したいと思った」と話した中村は、2016、17年と2年連続全試合出場。今季は右足のケガで4月に登録抹消され、3年連続とはならなかった。が、“献身”ぶりはそれだけではない。

「何番でも打てるのが強みです。今季は1、2、3、5、6番でスタメン出場。昨季は1、3、5、6、7番を打ち、16年は4番を除く1~7番で出場している。ある意味、工藤監督の猫の目打線の被害者と言えなくもないが、類いまれなバットコントロールが信頼されている証しでもある。右翼と左翼、そして一塁守備にも定評があり、チームへの貢献度は計り知れない」(チーム関係者)

 今季の年俸は1億6000万円。給料分は十分に働いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る