“猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

公開日: 更新日:

 20日、ソフトバンクの中村晃(28)がチームを救う一打を放った。7―7で同点の八回、2死満塁の場面で決勝打となる左前打。逆転2位を狙う日本ハムとのゲーム差を「4」に広げた。

 お立ち台では、「みんなでつくったチャンス。何とか走者を返したいと思った」と話した中村は、2016、17年と2年連続全試合出場。今季は右足のケガで4月に登録抹消され、3年連続とはならなかった。が、“献身”ぶりはそれだけではない。

「何番でも打てるのが強みです。今季は1、2、3、5、6番でスタメン出場。昨季は1、3、5、6、7番を打ち、16年は4番を除く1~7番で出場している。ある意味、工藤監督の猫の目打線の被害者と言えなくもないが、類いまれなバットコントロールが信頼されている証しでもある。右翼と左翼、そして一塁守備にも定評があり、チームへの貢献度は計り知れない」(チーム関係者)

 今季の年俸は1億6000万円。給料分は十分に働いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  6. 6

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る