• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転満塁弾 ソフトB連覇のカギ握る“若手”中村晃の一振り

 ソフトバンクの中村晃(28)が、一振りで試合の流れを変えた。

 1日のオリックス戦は五回まで両軍ともに3安打と拮抗。六回にオリックスが2点を奪い、流れが傾いたかに見えた。

 しかし、その六回裏に中村が逆転満塁ホームラン。この一打に刺激されたのか、ソフトバンクは八回に一挙8点の猛攻を見せ、開幕カード勝ち越しを決めた。

 2連覇がかかるソフトバンクだが、野手陣は“高齢者”が少なくない。内川(35)、デスパイネ(31)、松田(34)、本多(33)は30オーバー。柳田も29歳だ。

 ベテランの数に比例して負傷離脱も多く、昨季はCSに入ってようやくベストメンバーが揃い踏み。そんなチーム事情だけに、28歳の中村はまだまだ若い部類に入る。成長株の上林(22)、高田(27)らはまだ未知数な部分があり、活躍は期待しても計算は立たないというのが首脳陣のホンネだろう。バットマンとしてはもとより、外野守備にも定評のある中村。連覇のカギはこの打撃職人にあり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事