• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転満塁弾 ソフトB連覇のカギ握る“若手”中村晃の一振り

 ソフトバンクの中村晃(28)が、一振りで試合の流れを変えた。

 1日のオリックス戦は五回まで両軍ともに3安打と拮抗。六回にオリックスが2点を奪い、流れが傾いたかに見えた。

 しかし、その六回裏に中村が逆転満塁ホームラン。この一打に刺激されたのか、ソフトバンクは八回に一挙8点の猛攻を見せ、開幕カード勝ち越しを決めた。

 2連覇がかかるソフトバンクだが、野手陣は“高齢者”が少なくない。内川(35)、デスパイネ(31)、松田(34)、本多(33)は30オーバー。柳田も29歳だ。

 ベテランの数に比例して負傷離脱も多く、昨季はCSに入ってようやくベストメンバーが揃い踏み。そんなチーム事情だけに、28歳の中村はまだまだ若い部類に入る。成長株の上林(22)、高田(27)らはまだ未知数な部分があり、活躍は期待しても計算は立たないというのが首脳陣のホンネだろう。バットマンとしてはもとより、外野守備にも定評のある中村。連覇のカギはこの打撃職人にあり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る