逆転満塁弾 ソフトB連覇のカギ握る“若手”中村晃の一振り

公開日: 更新日:

 ソフトバンク中村晃(28)が、一振りで試合の流れを変えた。

 1日のオリックス戦は五回まで両軍ともに3安打と拮抗。六回にオリックスが2点を奪い、流れが傾いたかに見えた。

 しかし、その六回裏に中村が逆転満塁ホームラン。この一打に刺激されたのか、ソフトバンクは八回に一挙8点の猛攻を見せ、開幕カード勝ち越しを決めた。

 2連覇がかかるソフトバンクだが、野手陣は“高齢者”が少なくない。内川(35)、デスパイネ(31)、松田(34)、本多(33)は30オーバー。柳田も29歳だ。

 ベテランの数に比例して負傷離脱も多く、昨季はCSに入ってようやくベストメンバーが揃い踏み。そんなチーム事情だけに、28歳の中村はまだまだ若い部類に入る。成長株の上林(22)、高田(27)らはまだ未知数な部分があり、活躍は期待しても計算は立たないというのが首脳陣のホンネだろう。バットマンとしてはもとより、外野守備にも定評のある中村。連覇のカギはこの打撃職人にあり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る