次は炎上or完封? ソフトB武田「考えすぎ」で信頼回復遠し

公開日: 更新日:

 なんとも出来不出来が激しいシーズンである。

 29日、ソフトバンクの武田翔太(25)が楽天相手に今季3度目の完封勝利を挙げた。

「いいリズムだった」と笑顔の武田は、もっか3勝7敗。つまり、勝った試合はすべて完封なのだ。今季は打ち込まれる試合が多く、18日の西武戦では2回7失点の大炎上。試合後は無期限の二軍落ちとなったが、この日先発予定だった中田がウイルス性胃腸炎で戦線離脱し、急きょ、お鉢が回ってきた。

 武田はクレバーな投球が持ち味の半面、「考えすぎるきらいがある」とは工藤監督。二軍で直球の質の改善に取り組んだことに加え、考えるヒマもなく緊急登板したことも功を奏したはずだ。とはいえ、炎上か完封かでは、信頼回復にはまだまだ遠い……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る