• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発陣の不調だけじゃない 常勝球団ソフトBがもたつく裏側

 豊富な資金も、使い方次第で持ち主に牙を剥く。

 金満ゆえにチームが閉塞しているのが、ソフトバンクだ。今季も優勝候補の筆頭と言われながら、開幕直後から西武の独走を許し、現在は首位から3・5ゲーム差の3位。「常勝球団」にしては物足りない成績だ。

 もたついている理由はいくつかある。守護神サファテの離脱や、東浜、武田といった先発陣の不調も大きい。では、主力が揃えば安心かといえば、果たしてそうか。ある球団OBは「今季はそれでもいいが、2年後、3年後は……」と、こうクビをひねった。

「若手野手が育っていないんですよ。現在の主力はトウの立ったベテランがほとんど。最近、主力に成長した若手といえば、22歳の上林と、25歳で育成上がりの捕手、甲斐くらいのもの。ファームを見れば伸びしろのある選手は少なくないのに、スタメンには高給取りのベテランがズラリと並んでいて一軍で経験を積む隙間がない。いきおい、若手の成長が遅れるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る