先発陣の不調だけじゃない 常勝球団ソフトBがもたつく裏側

公開日:

 豊富な資金も、使い方次第で持ち主に牙を剥く。

 金満ゆえにチームが閉塞しているのが、ソフトバンクだ。今季も優勝候補の筆頭と言われながら、開幕直後から西武の独走を許し、現在は首位から3・5ゲーム差の3位。「常勝球団」にしては物足りない成績だ。

 もたついている理由はいくつかある。守護神サファテの離脱や、東浜、武田といった先発陣の不調も大きい。では、主力が揃えば安心かといえば、果たしてそうか。ある球団OBは「今季はそれでもいいが、2年後、3年後は……」と、こうクビをひねった。

「若手野手が育っていないんですよ。現在の主力はトウの立ったベテランがほとんど。最近、主力に成長した若手といえば、22歳の上林と、25歳で育成上がりの捕手、甲斐くらいのもの。ファームを見れば伸びしろのある選手は少なくないのに、スタメンには高給取りのベテランがズラリと並んでいて一軍で経験を積む隙間がない。いきおい、若手の成長が遅れるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る