今季PSも中継ぎ ドジャース前田“セットアッパーのお値段”

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(30)はセットアッパーが板についてきた。今季は開幕からローテション入り。先発で20試合(計107.2回)に登板し、6勝7敗、防御率3.85。8月には中継ぎに配置転換され、19試合(計17.2回)に登板し、2勝3敗2セーブ、防御率3.57。フル回転の働きで、地区6連覇に貢献した。5日(日本時間6日)に開幕したブレーブスとの地区シリーズでも、引き続き守護神ジャンセンへのつなぎ役として起用される。

 前田の契約には基本給(約3億3000万円)の他、先発回数、イニング数などに応じて最大で約12億円の出来高が付く。

 米記録サイトなどによれば、前田の収入は16年が約11億8000万円、17年が約8億4000万円。先発登板が減った今季は約6億9700万円となり、チーム事情とはいえ、本来なら先発で手にできるはずのボーナスが年々、目減りしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る