台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

公開日: 更新日:

 今季の大誤算は助っ人補強だろう。

 阪神は18日現在、最下位に沈んでいる。81本塁打はリーグ最少、518得点は同5位。544失点は巨人と並ぶリーグ最少タイだから、貧打線が優勝争いから脱落した主因だ。その象徴が助っ人のロサリオ(29)である。昨年まで在籍した韓国・ハンファでは2年連続3割2分、33本塁打、110打点以上を記録。金本監督が早々に4番固定を明言したものの、オープン戦からサッパリで6月には早々と二軍落ち。以後も戦力になっていない。

 ロサリオは入団時、「1年契約、年俸3億4000万円」と報じられたが、実は2年目はオプション契約のようだ。

「細かい契約内容はわかりませんが、仮に球団が今オフにリリースすれば年俸の何割かは支払うことになるようです。それにしても、これだけ打てないと『韓国での成績は何だったのか』ということになる。韓国球界には昨オフ、15年オフに入札制度でメジャーのツインズに移籍したが振るわなかった朴炳鎬が復帰。14、15年に連続50本塁打の大砲は今季、ネクセンで打率.337、39本塁打、102打点をマーク(16日現在)。阪神はこの朴も調査を続けてきた。しかし、ロサリオの失敗で韓国球界の大砲は取りづらくなった。そこで補強リストの最上位にランクアップしたのが台湾の至宝と聞いた」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る