台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

公開日:

 今季の大誤算は助っ人補強だろう。

 阪神は18日現在、最下位に沈んでいる。81本塁打はリーグ最少、518得点は同5位。544失点は巨人と並ぶリーグ最少タイだから、貧打線が優勝争いから脱落した主因だ。その象徴が助っ人のロサリオ(29)である。昨年まで在籍した韓国・ハンファでは2年連続3割2分、33本塁打、110打点以上を記録。金本監督が早々に4番固定を明言したものの、オープン戦からサッパリで6月には早々と二軍落ち。以後も戦力になっていない。

 ロサリオは入団時、「1年契約、年俸3億4000万円」と報じられたが、実は2年目はオプション契約のようだ。

「細かい契約内容はわかりませんが、仮に球団が今オフにリリースすれば年俸の何割かは支払うことになるようです。それにしても、これだけ打てないと『韓国での成績は何だったのか』ということになる。韓国球界には昨オフ、15年オフに入札制度でメジャーのツインズに移籍したが振るわなかった朴炳鎬が復帰。14、15年に連続50本塁打の大砲は今季、ネクセンで打率.337、39本塁打、102打点をマーク(16日現在)。阪神はこの朴も調査を続けてきた。しかし、ロサリオの失敗で韓国球界の大砲は取りづらくなった。そこで補強リストの最上位にランクアップしたのが台湾の至宝と聞いた」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る