プロで3度目の故障 西武・雄星が“ガラスの左肩”で失う札束

公開日: 更新日:

 夢のメジャー移籍に暗雲である。

 6日、西武菊池雄星(26)が左肩の不調で登録抹消となった。菊池はもっか5勝無敗も、5失点した試合が3試合。

 鈴木球団本部長によると、「肩の張りの回復が遅い。痛みではなく、張りが長引いている」という。

 速球派左腕の菊池は、メジャーから垂ぜんの的。今季、3年連続となる2ケタ勝利を挙げれば、オフに球団からポスティングが認められるといわれているだけに、あまりにタイミングの悪い故障である。

■マエケンの例が

 そもそも、菊池はケガが多い選手だ。左肩を故障したのも初めてではない。ルーキーイヤーの2010年の春先、開幕一軍入りを果たした13年7月に続き、これが3度目。メジャー移籍がご破算とまでは言わないにせよ、不利な契約を強いられることにならないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る