第3次原巨人の組閣着々 “クセ者”元木大介氏の入閣が内定

公開日: 更新日:

■「密かに自慢したいのが盗塁数」

 それにしても、守備はともかく、走塁コーチが務まるのか。現役時代は自他ともに認める「鈍足選手」。が、かつて日刊ゲンダイの連載ではこう言って胸を張っていた。

「現役時代の成績で、密かに自慢したいのが盗塁数。通算1205試合で21盗塁。いや、少ないのは分かっていますが、鈍足だからしょうがない。でも、ゲームの流れを変えたり、勝利に直結する盗塁が少なくなかったと自負しています。投手のクセを盗み、捕手の配球を読む。足は遅くとも、きちんとした準備とスタートを切る勇気さえあれば、特にバッテリーの警戒心が薄れる三盗は、成功率がグンと高まる。

 実は走塁にも自信があった。投手の持ち球、クイックの巧拙、バッテリーの性格、配球の傾向などを頭の中で反芻し、『前の打席でこの打者をフォークで三振に打ち取ったな。この打席も追い込んだらフォークか。ショートバウンドする可能性はあるな』などと想定し、1歩でも2歩でも多くリードオフを取った」

 お手並み拝見だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る