矢野新監督は一軍初采配 ダメ虎再建のカギは“参謀”が握る

公開日:

「超積極的、諦めない、誰かを喜ばせるというのは常に大事にしていきたい。来年、もちろん優勝を狙う」

 阪神の矢野燿大新監督(49)が18日、大阪市内での就任会見で抱負を語った。

 新体制は23日の秋季練習から本格的に動きだす。新しいコーチ陣は、矢野監督と二軍で共に汗を流した者を多数昇格させ、参謀役となるヘッドコーチには、楽天の清水雅治一軍外野守備走塁コーチ(54)が内定している。

 矢野監督は一軍采配が初めて。「参謀」となるヘッドコーチの能力がチーム再建のカギを握ると言っても過言ではない。

 在阪テレビの関係者がいう。

「ヘッドといえば、ダメ虎を立て直し、03年に優勝した星野監督には『オレの両手、両足』というほど、絶大な信頼を寄せる島野(育夫)さんがいた。島野さんは1年目のキャンプでは拡声器で大声出して選手を叱咤し、おとなしいチームを率先して盛り上げた。試合前は選手の動き、体調に目を配り、裏方の健康面にも気を配っていた。中日時代は選手の夜のトラブルの後始末までやっていたこともあるそうですが、阪神ではそんな話は聞きませんでした。ただし、若手、ベテランを問わず、選手とは2人きりで話すことも多く、野球のグチやプライベートの話も聞いていた。それを監督に一切伝えなかったことで選手にも信頼されていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る