ソフトバンクにKO負けの一因? 西武菊池の代理人選び難航

公開日: 更新日:

 苦手意識は払拭できていなかった。

 西武先発の菊池雄星(27)はソフトバンクが大の苦手。9月28日にようやく初白星を手にしたが、プロ入り後の対ソフトバンク戦成績は1勝13敗。そんな菊池がまたもや天敵にやられた。

 初回、先制点を献上すると、逆転してもらった直後の四回、3連続タイムリーを浴びるなど5失点。5回6失点でKOされた。

 試合前、ソフトバンクの藤本打撃コーチは「低めは捨てて、ベルトゾーンの真ん中に目付けくらいでいい。内角も差し込まれるからね」と、菊池対策を語っていた。

 菊池はその策にハマった形になったが、それともあるいは別の“悩み事”があったのか。

 菊池は今オフ、ポスティングシステムを行使してのメジャー挑戦が確実視されている。となれば必要不可欠なのが代理人の存在だ。球団との交渉を一手に引き受けてくれ、グラウンド外のサポートまでしてくれる。つまり、菊池が米国で気持ちよく働けるかは、代理人次第なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る