原氏再々登板でついに実現? 巨人「江川ヘッド」が急浮上

公開日: 更新日:

「ヘッドコーチは誰になるんだ?」「村田さんがそのままってわけにはいかないだろう」

 巨人のチーム関係者も、ウの目タカの目だ。

 原辰徳前監督(60)の再々登板が決まっている巨人。ネット上で喧々囂々の論争になっているのが、第3次政権の参謀役を誰が担うのか、ということである。

 現職の村田真一ヘッド(54)は、以前から能力が疑問視されていた。高橋由伸監督(43)に請われる形でナンバー2の座に収まったものの、チームは4年連続のV逸。指導者経験のない指揮官を十分に補佐できず、チーム内外から批判にさらされている。

「村田は竹を割ったような性格で、現役時代から兄貴分タイプ。人望はあるものの、お世辞にも参謀役というタイプではない。由伸にとっては、野球理論より精神論という村田がヘッドを担ったのが最大の不幸だったかもしれない。本人が望んだこととはいえ、それを認めた球団の最大の人選ミスだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る