原氏再々登板でついに実現? 巨人「江川ヘッド」が急浮上

公開日: 更新日:

「ヘッドコーチは誰になるんだ?」「村田さんがそのままってわけにはいかないだろう」

 巨人のチーム関係者も、ウの目タカの目だ。

 原辰徳前監督(60)の再々登板が決まっている巨人。ネット上で喧々囂々の論争になっているのが、第3次政権の参謀役を誰が担うのか、ということである。

 現職の村田真一ヘッド(54)は、以前から能力が疑問視されていた。高橋由伸監督(43)に請われる形でナンバー2の座に収まったものの、チームは4年連続のV逸。指導者経験のない指揮官を十分に補佐できず、チーム内外から批判にさらされている。

「村田は竹を割ったような性格で、現役時代から兄貴分タイプ。人望はあるものの、お世辞にも参謀役というタイプではない。由伸にとっては、野球理論より精神論という村田がヘッドを担ったのが最大の不幸だったかもしれない。本人が望んだこととはいえ、それを認めた球団の最大の人選ミスだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る