2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

公開日: 更新日:

 果たして、来季も中日でプレーするのか。今季で2年契約が切れるビシエド(29)のことだ。

 在籍3年目の今季は不動の4番として、打率.352で首位打者争いのトップに立ち、170安打で最多安打との2冠をうかがう(18日現在)。

 昨年は米国での永住権取得のために1カ月間もチームを離脱するドタバタもあったが、苦手としていた内角の対応力が向上。打撃技術に磨きがかかった。一塁守備もレベルアップし、球団は再契約の方針を固めている。渉外担当が代理人との下交渉のためにすでに渡米したという。

「ビシエドは家族と一緒に名古屋に住んでいて、すっかり名古屋に溶け込んでいます。スペイン語が母国語のアルモンテ、ガルシアらもいるし、チームに愛着も感じているようです。3人の息子たちはドアラの大ファンで、8歳になる長男のビシエドジュニア君は今年から名古屋市内の少年野球チームに入った。このチームにはチームメートの子供もいますし、いたく気に入っていますよ」とは、チーム関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る