ソフトB守護神・森が覚醒 態度に実績が追いつき風格十分

公開日: 更新日:

 抑えとしての風格は十分だ。

 ソフトバンクの守護神・森唯斗(26)が、3点リードの九回に登板。三者凡退に抑え、見事役割を果たした。

 ソフトバンクはサファテが不動の守護神だったが、今季開幕直後に右股関節をケガ。全治4カ月で、今季絶望となった。

 サファテを「兄貴」と慕っていた森はショックを受けながらも、後釜として覚醒。37セーブでタイトルを獲得した。

 ある球団関係者は「当初は頼りなかったが、今では名前で相手をビビらせることができる」と、こう話す。

「意識してか無意識かは知らないが、態度がデカかった(笑い)。確か入団1年目か2年目、年上の球団スタッフと仕事の打ち合わせの際、ソファにふんぞり返るように座っていた。そこを当時、ソフトバンクに在籍していた細川に見られ、『オマエ、いくらなんでもその態度はないだろ!』と、こっぴどく叱られていましたからね」

 試合後は「イニングまたぎも頭に入れて準備している。いつ呼ばれてもいいように気持ちを切らさないようにしています」と話した森。態度に成績が追いついてきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る