ソフトB守護神・森が覚醒 態度に実績が追いつき風格十分

公開日: 更新日:

 抑えとしての風格は十分だ。

 ソフトバンクの守護神・森唯斗(26)が、3点リードの九回に登板。三者凡退に抑え、見事役割を果たした。

 ソフトバンクはサファテが不動の守護神だったが、今季開幕直後に右股関節をケガ。全治4カ月で、今季絶望となった。

 サファテを「兄貴」と慕っていた森はショックを受けながらも、後釜として覚醒。37セーブでタイトルを獲得した。

 ある球団関係者は「当初は頼りなかったが、今では名前で相手をビビらせることができる」と、こう話す。

「意識してか無意識かは知らないが、態度がデカかった(笑い)。確か入団1年目か2年目、年上の球団スタッフと仕事の打ち合わせの際、ソファにふんぞり返るように座っていた。そこを当時、ソフトバンクに在籍していた細川に見られ、『オマエ、いくらなんでもその態度はないだろ!』と、こっぴどく叱られていましたからね」

 試合後は「イニングまたぎも頭に入れて準備している。いつ呼ばれてもいいように気持ちを切らさないようにしています」と話した森。態度に成績が追いついてきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る