ソフトB投壊…疲労困憊ミランダ中4日先発が完全に裏目

公開日: 更新日:

 大量失点で西武にボロ負けしたソフトバンク。先発ミランダ(29)が初回に栗山、二回には浅村に3ランを浴びるなど2回3四死球7失点で炎上。2番手の大竹も2四球1失点、4番手の寺原も3四球4失点と火に油を注いだ。

 登板4投手が10四死球の自滅負けに工藤監督は「(四球を)出そうと思って出している投手は1人もいない」とかばったが、そもそも先発のミランダは中4日。13日のCSファーストステージ初戦に先発して、初回に1点を失う不安定な立ち上がりだった。四回途中で降板したものの、このとき投じた球数は94球。疲労蓄積は明らかだ。

 それでも、倉野投手統括コーチは「中4日の影響は分からない。日本で中4日は初めてだけど、それが一番の原因とは思えない。あまり結び付けたくない。高めに浮いていた球を修正する前にやられてしまった」と因果関係を否定していた。

 ちなみに、19日の先発予定は千賀。14日に6回111球を投じ、こちらも中4日の登板となる。いずれにしろ、投手陣の大乱調で、初戦を取ったチームの勢いは消沈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る