ソフトB投壊…疲労困憊ミランダ中4日先発が完全に裏目

公開日: 更新日:

 大量失点で西武にボロ負けしたソフトバンク。先発ミランダ(29)が初回に栗山、二回には浅村に3ランを浴びるなど2回3四死球7失点で炎上。2番手の大竹も2四球1失点、4番手の寺原も3四球4失点と火に油を注いだ。

 登板4投手が10四死球の自滅負けに工藤監督は「(四球を)出そうと思って出している投手は1人もいない」とかばったが、そもそも先発のミランダは中4日。13日のCSファーストステージ初戦に先発して、初回に1点を失う不安定な立ち上がりだった。四回途中で降板したものの、このとき投じた球数は94球。疲労蓄積は明らかだ。

 それでも、倉野投手統括コーチは「中4日の影響は分からない。日本で中4日は初めてだけど、それが一番の原因とは思えない。あまり結び付けたくない。高めに浮いていた球を修正する前にやられてしまった」と因果関係を否定していた。

 ちなみに、19日の先発予定は千賀。14日に6回111球を投じ、こちらも中4日の登板となる。いずれにしろ、投手陣の大乱調で、初戦を取ったチームの勢いは消沈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る