元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「先駆者が少なかった」本田が豪州を新天地に選んだ理由

公開日:  更新日:

 10月20日の今季開幕戦のメルボルンダービーで豪州Aリーグでの新たな一歩を踏み出した本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC)。7月2日のロシアW杯ベルギー戦を最後にピッチから離れている間、カンボジア代表の事実上の監督就任、ウィル・スミスとの投資ファンド立ち上げなど副業の話題が先行して「本業は大丈夫か?」といぶかしがる関係者も少なくなかった。が、「持ってる男」は新天地デビュー戦でいきなり先制弾をゲット。背番号4は死んではいなかった……。豪州に飛んで精力的な取材を敢行した。

 昨季在籍したメキシコ1部パチューカに続いて<移籍後初陣ゴール>を飾った2日後の22日朝。

 本田は、業務提携先の帝京大から派遣されたトレーナーとともにメルボルンVの本拠地・AAMIパーク隣のグラウンドにいた。丸々1日のオフを挟んで同日は筋トレ、プール調整など室内練習のみの予定だったが、プロ意識の高い本田は真剣な表情でストレッチやランニングを約30分こなした。翌23日の練習もサッカーバレーなど軽い内容にとどまったが、目に付いたのは元豪州代表のマスカット監督以上に本田が、指示を出していたことである。たとえ遊びのゲームでも勝負に強くこだわり、負けたら凄まじい悔しがり方を見せる。「サッカーは一挙手一投足、細部にこだわらないといけない」という姿勢を前面に押し出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る