河治良幸氏 本田圭佑カンボジア監督初采配をシビアに検証

公開日:  更新日:

 国際的に驚きを与えた本田圭佑監督(32=肩書はゼネラルマネジャー)が率いる新生カンボジアの初陣は今月10日。東南アジアで急速に力をつけるマレーシアを相手に積極的に攻撃を仕掛け、FKの流れから先制点を奪ったが、後半にセットプレーから同点ゴールを許すとカウンターで逆転を許し、後半アディショナルタイムにもゴールを奪われた。 

 雷雨で遅延するというアクシデントがあった試合。注目の結果は1―3となったが、本田監督の志向するサッカーの色が早くも表れていた。

 代表チームに合流してから本田に与えられた時間はたった5日間であり、早々に技術が上がるわけではない。ただ、選手の意識と姿勢はサッカーの方向性を変え得る。

 基本的に本田が志向するのはボールを主体的に持ち、連係プレーを効果的に使いながら相手のディフェンスを崩していく。守備においては、個々の選手が場当たり的に体を張るのではなく、バランスを取りながらチャレンジとカバーの関係をつくっていくことにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る