• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

河治良幸氏 本田圭佑カンボジア監督初采配をシビアに検証

 国際的に驚きを与えた本田圭佑監督(32=肩書はゼネラルマネジャー)が率いる新生カンボジアの初陣は今月10日。東南アジアで急速に力をつけるマレーシアを相手に積極的に攻撃を仕掛け、FKの流れから先制点を奪ったが、後半にセットプレーから同点ゴールを許すとカウンターで逆転を許し、後半アディショナルタイムにもゴールを奪われた。 

 雷雨で遅延するというアクシデントがあった試合。注目の結果は1―3となったが、本田監督の志向するサッカーの色が早くも表れていた。

 代表チームに合流してから本田に与えられた時間はたった5日間であり、早々に技術が上がるわけではない。ただ、選手の意識と姿勢はサッカーの方向性を変え得る。

 基本的に本田が志向するのはボールを主体的に持ち、連係プレーを効果的に使いながら相手のディフェンスを崩していく。守備においては、個々の選手が場当たり的に体を張るのではなく、バランスを取りながらチャレンジとカバーの関係をつくっていくことにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る