日ハムFA宮西「2年5億円」残留で中田翔の来季年俸どうなる

公開日: 更新日:

 日本ハム宮西尚生(33)が9日、海外FAを行使せず残留することを明らかにしたが、驚くべきはその条件だろう。

 今季は55試合に登板して4勝3敗、防御率1.80。新人から11年連続50試合以上登板となり、2年ぶりに最優秀中継ぎも獲得した。

 とはいえ、先日、手術したばかりで来季34歳になる中継ぎ左腕に「2年総額5億円」とは、いくらなんでも気前が良過ぎないか。まして今季年俸は1億5000万円だ。

「ファイターズが好き。最後までファイターズの一員として戦っていきたい」と本人が笑顔で話したのももっともか。

 となると、気になるのが同じくFA権のある中田翔(29)の来季の年俸だ。

 今季は打率.265、25本塁打、106打点(リーグ3位)。.216、16本、67打点と低迷した昨季とは打って変わって好成績を残した。2億円の年俸はいったい、どこまでハネ上がるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る