日ハムFA宮西「2年5億円」残留で中田翔の来季年俸どうなる

公開日:  更新日:

 日本ハムの宮西尚生(33)が9日、海外FAを行使せず残留することを明らかにしたが、驚くべきはその条件だろう。

 今季は55試合に登板して4勝3敗、防御率1.80。新人から11年連続50試合以上登板となり、2年ぶりに最優秀中継ぎも獲得した。

 とはいえ、先日、手術したばかりで来季34歳になる中継ぎ左腕に「2年総額5億円」とは、いくらなんでも気前が良過ぎないか。まして今季年俸は1億5000万円だ。

「ファイターズが好き。最後までファイターズの一員として戦っていきたい」と本人が笑顔で話したのももっともか。

 となると、気になるのが同じくFA権のある中田翔(29)の来季の年俸だ。

 今季は打率.265、25本塁打、106打点(リーグ3位)。.216、16本、67打点と低迷した昨季とは打って変わって好成績を残した。2億円の年俸はいったい、どこまでハネ上がるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る