日ハムだけが評価 吉田輝星の意思の強さとプロ入りの覚悟

公開日: 更新日:

 ドラフトの1位入札はゼロ、クジで外した球団が8つもありながら、日本ハムの単独指名だったのが金足農の吉田輝星だ。

 栗山監督は「(1位入札だった)根尾と吉田の評価は一緒だった。どっちでいくか、4時間以上の会議で、最後まで詰めた」と言った。根尾と吉田は最後の最後まで、甲乙付け難かったということだ。

 夏の甲子園準優勝投手にして、人気や知名度はバツグン。だが、日本ハムが根尾と同等、他球団以上に吉田を評価したのはその意志の強さ、プロで生きていくうえでの覚悟だという。

 吉田は当初、八戸学院大に進学予定だった。高2から指導を受けた八戸学院大の正村監督を前にして、「お世話になります」と頭を下げたこともある。

 夏の甲子園で結果を出し、U18で日本代表のユニホームを着て投げているうちに気持ちは大きくプロ入りに傾いたものの、父親や吉田の恩師でもある金足農の嶋崎元監督は最後まで「大学進学」を勧めた経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る