日ハムだけが評価 吉田輝星の意思の強さとプロ入りの覚悟

公開日: 更新日:

 ドラフトの1位入札はゼロ、クジで外した球団が8つもありながら、日本ハムの単独指名だったのが金足農の吉田輝星だ。

 栗山監督は「(1位入札だった)根尾と吉田の評価は一緒だった。どっちでいくか、4時間以上の会議で、最後まで詰めた」と言った。根尾と吉田は最後の最後まで、甲乙付け難かったということだ。

 夏の甲子園準優勝投手にして、人気や知名度はバツグン。だが、日本ハムが根尾と同等、他球団以上に吉田を評価したのはその意志の強さ、プロで生きていくうえでの覚悟だという。

 吉田は当初、八戸学院大に進学予定だった。高2から指導を受けた八戸学院大の正村監督を前にして、「お世話になります」と頭を下げたこともある。

 夏の甲子園で結果を出し、U18で日本代表のユニホームを着て投げているうちに気持ちは大きくプロ入りに傾いたものの、父親や吉田の恩師でもある金足農の嶋崎元監督は最後まで「大学進学」を勧めた経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る