ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

公開日:

 福岡でインフレが起きている。西武の浅村栄斗(27)とオリックスの西勇輝(27)の国内FA権行使を受け、ソフトバンクが参戦を表明。浅村には4年総額28億円、西には4年総額20億円という破格の数字を提示するという。

 ともに出来高込みとはいえ、浅村の場合は年俸7億円の計算。入団が決まれば、これまでの日本球界日本人歴代最高年俸だった“大魔神”佐々木主浩の6億5000万円(2004、05年=横浜)を超え、“ゴジラ”松井秀喜の6億1000万円(02年=巨人)も上回る計算になる。

 ソフトバンクの選手総年俸は12球団でダントツの63億2000万円(18年2月末現在)。金満球団といわれるゆえんだが、後藤芳光球団社長はこう言ってはばからない。

「(選手の)獲得予算はつくるべきじゃない。青天井でいい。頑張った選手にはそれ相応のマーケットプライス(市場価格)を提供すべき。他のチームの選手評価が低い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る