メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

公開日:

 各球団の編成担当者、代理人らが一堂に会するGM会議(カリフォルニア州)は、日本人左腕の話題で持ちきりだ。

 7日(日本時間8日)には、西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星(27)の代理人を務めるスコット・ボラス氏が会場で取材に応じ、「米国でも成功すると思う。左というだけで価値があるし、球速はメジャーのほとんどの左投手を上回る」と、自身の顧客をアピール。移籍先に関しては「チャンピオンチーム、成長過程のチームなど、どのレベルの球団にも適合する」と言った。

 2017年のパの最多勝左腕(16勝)には、資金力豊富なレッドソックス、ジャイアンツを筆頭に複数の球団が関心を寄せている。争奪戦に発展すれば、金額が高騰するだけに、敏腕代理人は腕をぶしているが、ここにきて菊池本人の希望する条件が明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る