伊調馨に続き…“霊長類最強女子”吉田沙保里に復帰の可能性

公開日: 更新日:

 女子レスリングの元女王2人が来季のマットで揃い踏みか。10月の全日本女子オープンで復活優勝を果たした五輪4連覇の伊調馨(34)に続き、同3連覇の吉田沙保里(36)にも復帰の可能性が出てきたからだ。

 日本協会は、世界選手権代表選考会を兼ねた来年6月の全日本選抜選手権に出場資格を持たない選手を対象にした「予選会」の実施を決定。男女とも予選会上位6人が本大会に進出するとした。

 これまで不透明さを指摘された代表選考基準の見直しの一環として、実施が決まった予選会。多くの選手に大舞台のマットを経験させて底上げを図る狙いがあるほか、霊長類最強の女といわれた吉田の復帰をお膳立てする協会の思惑もある。

 吉田は銀メダルに終わった2016年リオ五輪を最後に実戦から遠ざかっている。伊調が下部大会で全日本選手権の出場権を得たように、吉田にも復帰に向けた前哨戦が必要になる。西口強化本部長は「ぜひ、(吉田には予選会に)出てもらって若い選手に強さを見せて欲しい」と若手のレベルアップに期待を寄せる。

 来年の全日本選抜選手権で優勝すれば、20年東京五輪の代表候補に浮上する。若手選手が不甲斐なければ、吉田、伊調のダブル出場まである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る