貫禄勝ちも五輪5連覇に暗雲 伊調馨と周囲の変わらぬ温度差

公開日:

 危なげなく復帰を飾った。

 女子レスリングのパワハラ騒動で揺れた五輪4連覇の伊調馨(34)が14日、全日本女子オープン選手権(静岡・三島市)で2年2カ月ぶりに実戦復帰。57キロ級決勝で社会人選手を相手にえび固めを決めてフォール勝ち。3試合とも格の違いを見せつけ、五輪女王の貫禄を示した。

 全盛期よりも明らかにスリムになり、筋力も落ちていた。試合後の伊調は「肉体的にも、精神的にも鍛え直さないと、世界を相手にするのは厳しい」としながらも、「反省と課題が明確になった大会だった」と明るい表情で振り返った。

 今大会で2位以内を確保し、日本代表選考会を兼ねた12月の天皇杯全日本選手権への出場権を得た。日本協会からは、過去の実績を評価され、11月の全日本合宿に特別枠で招集された。パワハラ騒動で練習もままならなかった金メダリストへの日本協会による配慮だが、伊調は依然として協会の対応には不満のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る