至学館レスリング部監督へ加速で…吉田沙保里が“逃す椅子”

公開日: 更新日:

「霊長類最強女子」の肩書がひとつなくなった。

 女子レスリング五輪3連覇の吉田沙保里(35)が母校である至学館大学副学長を8月末で辞任していた。職員としての籍は残り、同大レスリング部のコーチも続ける。

 吉田はリオ五輪後の2016年11月、副学長に就任。至学館の広告塔として活動してきたが、監督だった栄和人氏が五輪4連覇の伊調馨らへのパワハラ行為で解任されると、監督のポジションは空席のまま吉田を含む複数コーチの集団指導体制へ。東京五輪まで2年を切った今年8月、大学は「競技と指導に集中したい」という吉田の意思を尊重し、副学長辞任を了承したという。

 これで早まりそうなのが吉田のレスリング部監督就任だ。

「あり得ると思います」

 栄監督を解任した際、こう言って吉田が監督の有力候補であることを認めた谷岡郁子学長は「副学長(吉田)とも、どんなチームをつくっていきたいかを話し合って、今後のことを決めていきたい」と語っていた。吉田が指揮を執ることは、「女子レスリングのナショナルトレーニングセンター」ともいわれる至学館にとって、この上ない宣伝効果がある。副学長という広告塔から退いた今、学校側は吉田のために監督の椅子を温めて待っているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る