復帰戦で足元に異変…伊調馨のシューズにみる協会との禍根

公開日: 更新日:

 不透明さが問題視されていたレスリングの日本代表基準が決まった。

 日本協会は17日、2020年東京五輪は男女とも来年9月の世界選手権(カザフスタン)でメダルを獲得した選手に代表権を与えると発表。同選手権には、今年12月の全日本選手権、来年6月の全日本選抜選手権が選考会となり、両大会の優勝者が異なる場合は、18年の世界選手権(ブダペスト)覇者も交えた3者によるプレーオフで決定する。20日に開幕する今年の世界選手権57キロ級代表は、8月のアジア大会で3位に終わった坂上嘉津季(25)。国際大会での実績に乏しく、今回の世界選手権での優勝は厳しいとみられる。

 女子では史上初の五輪5連覇の可能性を残す57キロ級の伊調馨(34)は、国内選考会のいずれかに優勝すれば、五輪出場に近づくだけに、わずかながら望みが出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る