栄氏の後任決定的も 吉田沙保里が選手兼任にこだわる思惑

公開日:

 霊長類最強の女に新たな肩書が付くことになった。

 至学館大学レスリング部監督を解任された栄和人氏の後任に五輪3連覇で、現在は同大の副学長を務める吉田沙保里(35)の就任が決定的になっているのだ。すでに同大の谷岡郁子学長は吉田の監督就任について「あり得る」と発言。今月中にも正式に発表されるとみられている。

 指揮官としての初陣は全日本学生選手権(8月28~31日=東京・駒沢体育館)。2020年東京五輪、24年パリ五輪に向けて自身に次ぐメダリストの育成に励むことになるが、吉田の仕事は単に学生の指導にとどまらない。当面は選手兼任監督(プレーイングマネジャー)として活動するというのだ。

■若手に代表の座を渡すつもりはサラサラなし

 現在は日本代表のコーチとして指導する立場にあるとはいえ、合宿では選手に交じって汗を流し、時にはスパーリング相手を買って出ることもある。練習中は、誰よりも大声を出して選手を叱咤激励する姿が目立つ。道場では指導者というよりも代表選手の姉貴分的な存在だ。いまだに正式に現役引退を表明していないのは、現役に未練があるからだといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る