• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄氏の後任決定的も 吉田沙保里が選手兼任にこだわる思惑

 霊長類最強の女に新たな肩書が付くことになった。

 至学館大学レスリング部監督を解任された栄和人氏の後任に五輪3連覇で、現在は同大の副学長を務める吉田沙保里(35)の就任が決定的になっているのだ。すでに同大の谷岡郁子学長は吉田の監督就任について「あり得る」と発言。今月中にも正式に発表されるとみられている。

 指揮官としての初陣は全日本学生選手権(8月28~31日=東京・駒沢体育館)。2020年東京五輪、24年パリ五輪に向けて自身に次ぐメダリストの育成に励むことになるが、吉田の仕事は単に学生の指導にとどまらない。当面は選手兼任監督(プレーイングマネジャー)として活動するというのだ。

■若手に代表の座を渡すつもりはサラサラなし

 現在は日本代表のコーチとして指導する立場にあるとはいえ、合宿では選手に交じって汗を流し、時にはスパーリング相手を買って出ることもある。練習中は、誰よりも大声を出して選手を叱咤激励する姿が目立つ。道場では指導者というよりも代表選手の姉貴分的な存在だ。いまだに正式に現役引退を表明していないのは、現役に未練があるからだといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る