山川年俸3倍超! 西武“大盤振る舞い”でイメージ刷新なるか

公開日:  更新日:

「うれしいです!」

 紺のスーツに身を包んだ108キロの巨体から喜びがあふれだした。

 5日、西武の山川穂高(27)が契約更改交渉に臨み、実に7760万円増となる年俸1億1000万円でサイン。4番として打率.281、47本塁打、124打点と覚醒した今季は、チームの10年ぶりリーグVの原動力となり、本塁打王のタイトルに加え、初のMVPにも輝いた。

 球団から「文句のない成績。優勝に大きく貢献してくれた」と評価されたと言い、「ボクも大満足。(来季は)重圧を背負って、なおかつ、50本打つつもりでやります」と意気込んだ。

 西武はこのオフ、3番の浅村栄斗と捕手の炭谷銀仁朗がFAで、エースの菊池雄星がメジャー移籍を目指して退団した。これまでFAによる人材流出は12球団最多の18人。日米他球団の草刈り場として、改めて待遇面や環境面の問題がクローズアップされている。今季はリーグ優勝を果たしたものの、14日に出発するハワイへのV旅行に参加する選手が、一軍登録メンバー28人にも満たない17人にとどまったことも判明。チーム内の温度差という寂しい現実が露呈したばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る