日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

公開日:  更新日:

 このオフ、珍しく補強に積極的なのが日本ハムだ。

 4日は、オリックスを自由契約になった金子千尋(35)との契約が合意に達したと発表した。

 金子は2014年に沢村賞を獲得した右腕。オリックスとの4年契約が切れたこのオフ、年俸6億円から5億円減の提示を受けて、自由契約になることを選択していた。

 日本ハムの条件は年俸1億円程度の1年契約ながら、手厚い出来高払いが付くらしい。

 この金子に加え、台湾球界の三冠王・ラミゴの王柏融外野手(25)との契約も大筋で合意に達しているという。11月20日に王の優先交渉権を獲得し、ここまで交渉を続けていた。

■金子は次世代が育つまでのつなぎ

 日本ハムといえば「ドラフト」と「育成」がチームの基本方針。入札制度(ポスティングシステム)でダルビッシュ、大谷をメジャーに送り出しただけでなく、糸井(阪神)や大野奨(中日)らの主力を次々とトレードやFAで放出。あえてポジションに穴をあけ、そこに生え抜きの若手を抜擢することによって新陳代謝を図る。そうやって今年までの13年間で、リーグ優勝5回(日本一2回)、Bクラスは3回だけと一定の強さを維持してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る