日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

公開日:  更新日:

 このオフ、珍しく補強に積極的なのが日本ハムだ。

 4日は、オリックスを自由契約になった金子千尋(35)との契約が合意に達したと発表した。

 金子は2014年に沢村賞を獲得した右腕。オリックスとの4年契約が切れたこのオフ、年俸6億円から5億円減の提示を受けて、自由契約になることを選択していた。

 日本ハムの条件は年俸1億円程度の1年契約ながら、手厚い出来高払いが付くらしい。

 この金子に加え、台湾球界の三冠王・ラミゴの王柏融外野手(25)との契約も大筋で合意に達しているという。11月20日に王の優先交渉権を獲得し、ここまで交渉を続けていた。

■金子は次世代が育つまでのつなぎ

 日本ハムといえば「ドラフト」と「育成」がチームの基本方針。入札制度(ポスティングシステム)でダルビッシュ、大谷をメジャーに送り出しただけでなく、糸井(阪神)や大野奨(中日)らの主力を次々とトレードやFAで放出。あえてポジションに穴をあけ、そこに生え抜きの若手を抜擢することによって新陳代謝を図る。そうやって今年までの13年間で、リーグ優勝5回(日本一2回)、Bクラスは3回だけと一定の強さを維持してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る