FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

公開日:  更新日:

 巨人の小林誠司捕手(29)が3日、契約更改に臨み600万円アップの年俸6000万円でサインした。

 今季は119試合に出場し、盗塁阻止率は3年連続セ・リーグ1位となる.341(44―15)。捕手として山口俊、菅野と年間2度のノーヒットノーランもリードした。

 一方、打つ方は打率.219で規定打席に届かなかった。球団はこのオフ、西武からFAで炭谷を獲得。阿部も4年ぶりに捕手に復帰する。正捕手剥奪のような扱いにも「自分の力不足、自分の技術不足なところ、信頼を勝ち得ていないので、現実を受け止めて力をつけて勝負していきたい」と前を向くしかなかった。

 昨年のWBCでは侍ジャパンの正捕手を務めたが、原監督の評価は気の毒なほど低い。炭谷の入団会見で指揮官は「キャッチャーは非常に重要。若い小林、大城、宇佐見、いいキャッチャーはいるが、日本一を狙うには時期尚早。真っ先に球団に『炭谷君をキャッチャーの一員に入れてください』と最初の願いを伝えた」と小林を若手扱い。セ球団編成担当者は「今の日本球界で打てる捕手なんて西武の森(打率.275)と広島の会沢(同.305)くらい。そもそも捕手が固定されているチームが少ないんだから。12球団で規定打席に届いた捕手だって森と阪神の梅野、ロッテの田村の3人だけ。ほとんどの球団が『小林にはあの鉄砲肩があるのに、もったいない』と舌なめずりしています」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る