G澤村が原監督の先発打診を拒否 “守護神”奪還宣言のその先

公開日:

 巨人の澤村拓一(30)が4日、契約更改交渉に臨み、「19%下がりました」と2850万円ダウンの1億2150万円でサインした。

 昨季は右肩痛などで一軍登板なしに終わったが、今季は開幕から勝利の方程式の一員としてチーム最多の49試合に登板。24ホールドをマークしたものの、成績は1勝6敗、防御率4.64。「夏場にバテた」と終盤は安定感を欠き、二軍落ちも経験した。

 3度目の就任となる原辰徳監督(60)に来季の先発転向を打診されたが、「中継ぎ、抑えをやらせていただきたい」と逆に直訴。2016年には37セーブでタイトルを獲得しており、この日は「クローザーというポジションに戻って勝負したい。15年から抑えをやらせていただいているけど、喜び、つらさを身にしみて感じることができる。優勝の瞬間にマウンドで胴上げ投手になることが目標」とキッパリ言った。そのために「もう30歳。全てを変える。例えばノースリーからボクなら100%真っすぐ(だと思われる)でしょう? でも、ここからカットボールを投げるとか。そういう面も変えられたら」と「頭の中身」や「投球の精度」を磨くと強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る