雄星にボロボロ投手陣のしわ寄せ…鍵はサービス監督の采配

公開日: 更新日:

「YK(菊池雄星の略)を獲得できて、とても興奮している。速球とスライダーのコンビネーションがとても印象的だ」

 3日(日本時間4日)の入団会見で、サービス監督が、菊池に関して期待を込めて話した。

 2016年に就任して以来、ポストシーズン進出はないものの、地区優勝争いには絡んでいる。昨季も終盤に失速したが、一時は一昨年の世界一であるアストロズを猛追した。若手や他球団からトレードで獲得した選手を巧みに使いこなす手腕には定評がある。

「現役引退後は、長らくレンジャーズやエンゼルスのマイナー組織で選手育成に携わっていたこともあり、若手を操縦する術を心得ています。昨季までは本塁打王クルーズ、カノーらの長距離砲が揃い、采配は大味なイメージですが、そもそもデータを駆使したスモールベースボールを得意としている。現役時代は控え捕手で、日の目を見なかっただけに、指導者になってからはコミュニケーションを重視し、選手を分け隔てなく扱うなど気配りにも長けた指揮官です」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る