菊池雄星“最大の後ろ盾”にイチロー サポートは岩隈以上に

公開日: 更新日:

 西武からポスティングシステムで大リーグ移籍を目指していた菊池雄星(27)がマリナーズと合意した。

 1日付の球団公式サイトによれば、契約は3年総額4300万ドル(約47億3000万円)で、2022年以降は菊池と球団双方に契約の選択権がある異例の契約形態。菊池は21年のオフに年俸1300万ドル(約14億3000万円)で1年延長可能で、球団がオプションを行使する場合は、22年から4年総額6600万ドル(約72億6000万円)となり、7年間で1億900万ドル(約119億9000万円)に達する。過去に同システムで移籍した日本人投手では14年ヤンキース・田中将大(30)の7年1億5000万ドル(当時のレートで約173億円)に次ぐ大型契約である。

 マリナーズは過去に多くの日本人選手がプレーし、日本のファンにも馴染み深い球団のひとつ。昨季途中までイチロー(45=現球団特別アドバイザー)がプレーしており、3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦では“現役復帰”してロースターに名を連ねる見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る