MLBがロンドンで初開催 歴史的一戦で「マー君vs雄星」も

公開日:

 歴史的な一戦で、日本人同士による投げ合いが実現するかもしれない。

 MLBは来年6月、欧州で初めてレギュラーシーズンを実施する。AP通信によれば、レッドソックス―ヤンキース(ロンドン競技場)の入場料は最安値で30ポンド(約4000円)、最高値で385ポンド(約5万6000円)になるという。

 同競技場を本拠地とするサッカー・プレミアリーグのウェストハムのチケット代は高くても55~80ポンド(約8000~1万2000円)程度だから、MLBの強気な姿勢がうかがえる。

 英国では、サッカーやラグビーが盛んで、野球文化は根付いていない。MLB初の欧州公式戦は集客での苦戦も予想される。そこで頼りになるのが、ヤンキース・田中将大(30)だ。

 現地の日本大使館によれば、在留邦人はロンドンのあるイングランドだけでも5万9456人(17年10月1日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る