巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

公開日: 更新日:

 指揮官にとってはただの“駒”だったかもしれない。が、球界からは長野を激励する声が相次いだ。米大リーグ、カブスのダルビッシュが自身のツイッターで「巨人の選手に聞いても長野さんはクソほど評判がいい」と発信すれば、直接関わりがない堀内恒夫氏や中畑清氏といったOBも、相次いで流出を惜しんだ。

■仲間に配慮で異例のお願い

「異常なまでの気配り、目配り……。本当に彼を悪く言う人間はいません。単なる戦力の足し算、引き算では済まないと思う」と、巨人の某選手がこう明かす。

「引退する選手、巨人を退団する選手の送別会を仕切るのは、いつもチョー(長野)さんです。誰彼かまわず声をかけるわけではなくて、主役との人間関係を考え、参加者をピックアップする。送り出す選手に楽しんでもらうことを第一に、シークレットゲストまで手配したりするんですから。選手はもちろん、裏方さんも含めてみんなショックを受けています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

もっと見る