巨人入り決断のFA丸 田中広輔に「心配は家族」と悩み吐露

公開日:

 広島から国内FA権を行使した丸佳浩(29)が巨人に移籍する意思を固めたことが29日、分かった。地元の中国新聞も報じている。きょう30日に正式表明する。

 2年連続セ・リーグMVPを受賞した大物を巡っては、広島、ロッテ、巨人の3球団と交渉を進めていた。11年間在籍した広島残留を模索しながらも、移籍を決断した決め手となったのは、やはり「条件」だった。

 丸が希望する条件との開きは最後まで埋まらなかった。11年間在籍した広島には4年17億円とも3年12億円ともされる条件で慰留された。宣言残留も認められ、交渉を進めてきたが、ロッテからは6年30億円、監督手形、井口監督の背番号6を提示された。巨人からは5年30億円を超える総額35億円規模の大型契約と背番号8を確約されるなど、広島を大きく上回る破格のオファーを受け、丸の気持ちは揺れ動いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る