巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

公開日:  更新日:

 寮生活を送っていた新人時代、遠征先から帰ってくるたびに、寮長やコック、清掃員にまで土産を買ってきたのはこの男だけ。ヒーローになった試合後、群がる報道陣に向けて手を合わせ、「(記事には)『長野に笑顔はなかった』でお願いします」と頭を下げたのは、打てなかったチームメートが嫌な気分にならないよう配慮したものだった。

 他球団選手からの評判もすこぶるいいのは、日常的にこんなことをしているためだ。アマチュア時代の後輩にあたる球団の選手が言う。

「関東に遠征に行くと、夜に長野さんから電話がかかってくるんです。『ちゃんとメシ食った?今、銀座にいるから飲みに来なよ』って。凄いのは、ボクが他の球団との試合で関東に行っても連絡をくれること。巨人戦の後でもないのに。何でボクが関東にいるの知ってんの? って驚きましたから。あんなに後輩の面倒見がいい先輩をボクは知りません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る