ようやく打撃再開 日ハム清宮“守備力向上”への練習の中身

公開日:

 10日、日本ハムの清宮幸太郎(19)が鎌ケ谷の二軍施設で約1カ月ぶりに打撃練習を再開した。

 右手首の炎症により、12月上旬からバットを封印。キャンプの二軍スタートも濃厚といわれているが、3人のトレーナーが見守る中、手首の状態を確かめるよう、ごく軽めに約30スイング。すでに痛みはないようで、谷トレーナーは「少しずつ改善しつつある」と説明した。

 1年目の昨季は一軍で7本塁打を放ったが、故障との戦いが続いた。新人合同自主トレで右手親指を故障。キャンプでは胃腸炎、3月には限局性腹膜炎を発症し、7月には右肘痛にもなった。今回の右手首の炎症は、シーズン終了後のフェニックスリーグ、秋季キャンプでまとまった練習をこなしたことで負担がかかったようだ。

 この日はキャッチボールやノックで汗を流した。清宮は自身の課題である守備に関して「このオフ、やってきたことがなまらないようにと思っている。今できることは多くはないが、思うようにできているかなとは思う」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る