翔&清宮と中軸に…日ハム“台湾三冠王”落札もう一つの狙い

公開日:

 台湾の三冠王が日本にやってくることになりそうだ。

 台湾プロ野球のラミゴが20日、海外移籍を目指す王柏融外野手(25)の優先交渉権を日本ハムが獲得したことを発表した。

 王は昨年、三冠王を獲得、侍ジャパン壮行試合では楽天の則本から特大の本塁打を放ったスラッガー。ラミゴは入札による王の獲得希望球団を募っていた。

 それにしても落札球団が日本ハムとはオドロキではないか。FAで選手が出ていくことはあっても、獲得することはほとんどない。入札金の額は明らかになっていないものの、ドラフトと育成が身上で、マネーゲームには目もくれなかったチームが、それなりのカネを積んで交渉権を得たのは確実だからだ。

「強打者の補強が何より急務ですからね」と、さるOBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る