日ハム清宮が連日猛打賞 DH起用で守備ストレス解放が奏功

公開日:

「自分の形で振れている。しっかりとボールを見ることができていると思う」

 前日に続き、26日も3安打を放った日本ハムの清宮幸太郎(19)がこう言った。

 この日は二塁打2本に右前打、2得点。長打で好機を広げ、後続の安打で生還した。「負けられない試合が続いているので、勝利に貢献できてよかった」とも話した。

「5月の昇格時は打席で余裕がなかった。どんな球だろうと、やみくもに踏み込んで打ちにいっていたけど、打席でタメができて、ボールを呼び込めるようになった」と日本ハムのあるOBがこう言った。

「前回は出場機会を増やすために一塁や左翼を守っていて、それがストレスになった。特に左翼守備は危なっかしくて見ていられないと、ベテランの野手や投手はクソミソだったからね。けれども今回は右肘を痛めたアルシアの代わりのDHだから、守備の負担がないわけで、その分、打つことだけに集中できる」

 守備に就くストレスがなくなったことが好結果につながっているというのだ。

 試合後の栗山監督は「まだまだ。あんなバッターじゃない」と話したが、好調を持続させようと思ったら当分は守らせない方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る