ようやく打撃再開 日ハム清宮“守備力向上”への練習の中身

公開日:

「清宮の手首はすでに問題ないと聞いています」とは日本ハムOBだ。

「今オフは打撃練習ができない代わりに、重点的に瞬発力を鍛えるためのトレーニングを積んだそうです。体のキレや俊敏性を身につけることで、走攻守の中でも、とくに守備のパフォーマンス強化を目指した。今季は一塁手の中田翔が3年契約で残留し、台湾人助っ人の王柏融も加入。左翼や指名打者での起用が中心になると思う。外野には近藤、西川、王柏融がおり、ポジション争いは熾烈を極める。清宮が多くの出場機会を得るには、守備力の向上は欠かせません」

 この日は練習後に都内へ移動し、早実のOB会に出席。ソフトバンクの王会長に再会するなど、OBと交友を深めた清宮。キャンプは一軍でも二軍でも、準備は抜かりないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る