夏の甲子園みて尻に火…日ハム清宮“バカ当たり”のウラ側

公開日:

「ファームで特に調子が良かったとか、技術面で劇的に変わったところがあるわけではないんですけどね……」

 21日の再昇格後、7試合で26打数10安打(.385)、3本塁打、8打点と打ちまくる清宮幸太郎(19)について、日本ハムの二軍関係者がこう言ってクビをひねっている。

 技術面はともかく、変化があったとすれば、精神面ではないか。5月の昇格時はお客さんといった感じで、どこかノンビリ、のほほんとしていたもの。

 それが、試合前の打撃練習の表情からして真剣そのもの。

 さる日本ハムOBによれば「ここで結果を出さなければ後がない、何とかしてチャンスをモノにするんだと鬼気迫るものを感じた。あれだけ真剣な表情の清宮は見たことがない」そうだ。

「自身の危機感の表れでしょう」と、このOB氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る