夏の甲子園みて尻に火…日ハム清宮“バカ当たり”のウラ側

公開日: 更新日:

「ファームで特に調子が良かったとか、技術面で劇的に変わったところがあるわけではないんですけどね……」

 21日の再昇格後、7試合で26打数10安打(.385)、3本塁打、8打点と打ちまくる清宮幸太郎(19)について、日本ハムの二軍関係者がこう言ってクビをひねっている。

 技術面はともかく、変化があったとすれば、精神面ではないか。5月の昇格時はお客さんといった感じで、どこかノンビリ、のほほんとしていたもの。

 それが、試合前の打撃練習の表情からして真剣そのもの。

 さる日本ハムOBによれば「ここで結果を出さなければ後がない、何とかしてチャンスをモノにするんだと鬼気迫るものを感じた。あれだけ真剣な表情の清宮は見たことがない」そうだ。

「自身の危機感の表れでしょう」と、このOB氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る