小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

公開日: 更新日:

 気温が10度を切ると、できる練習は限られる。屋外でフリー打撃を延々とやると、ケガをする恐れがある。寒い日はティー打撃に重点を置くといい。「フライボール革命」というメジャー流の考えから、高校野球でもロングティーが流行している。完全否定するわけではないが、私はあまり好きではない。

 打撃フォームを崩しやすいからだ。遠くへ飛ばしたいため、バックスイングが大きくなる。右打者なら右腰、右膝が折れ、下からしゃくり上げる。つまりアッパースイングになる。正面からではなく、右斜め前方からトスがくる。どうしてもそちらを向くため、ティー打撃はもともと左肩が中に入り過ぎないよう注意する必要があるのだが、ロングティーは余計にその傾向が強まる。踏み出すステップも大きくなり過ぎてしまうのだ。

 最近は高校生にも「ゴロを打つな」と指導している。多くがアッパースイングが正しいと思っているが、これは間違い。ボールの下にバットを入れる打法をマスターしたい。ボールの下を押し込む感じで打つと打球が上がり、バックスピンがかかって伸びるのだ。ゴルフでいう「ダウンブロー」の打ち方に似ている。ティー打撃で感覚を養う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る