バース記録まで2 ヤクルト山田は15年前から「フライ革命」

公開日:

 マジック点灯を阻止した。昨2日の広島戦、ヤクルトの山田哲人(26)が1本塁打を含む4打数3安打3打点と大爆発。歴代2位タイとなる連続試合打点を11試合に伸ばし、ランディ・バースの持つプロ野球記録の13試合まであと「2」に迫った。

 現在、打率は.320(リーグ3位)、25本塁打(同2位)、26盗塁(同1位)で2年ぶり3度目のトリプルスリーも射程圏内。山田を指導してきた杉村巡回コーチは大不振に終わった昨季との違いについて「体のキレが全然違う。スイングスピードも速くなったし、バットが素直に出ている」と話す。

 メジャーでは今、「フライボール革命」が大流行。ゴロを転がせという日本の少年野球的理論とは真逆の考え方だ。極端な守備シフトの影響もあって、フライによる安打率が増加。選手はこぞってフライを打ち、それを本塁打量産につなげている。時折、極端なアッパースイングを見せる山田に「フライボール革命」というワードをぶつけると、「プロ野球の正解はひとつじゃない! フライボールとか気にしたことない」と言いながら、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る