• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バース記録まで2 ヤクルト山田は15年前から「フライ革命」

 マジック点灯を阻止した。昨2日の広島戦、ヤクルトの山田哲人(26)が1本塁打を含む4打数3安打3打点と大爆発。歴代2位タイとなる連続試合打点を11試合に伸ばし、ランディ・バースの持つプロ野球記録の13試合まであと「2」に迫った。

 現在、打率は.320(リーグ3位)、25本塁打(同2位)、26盗塁(同1位)で2年ぶり3度目のトリプルスリーも射程圏内。山田を指導してきた杉村巡回コーチは大不振に終わった昨季との違いについて「体のキレが全然違う。スイングスピードも速くなったし、バットが素直に出ている」と話す。

 メジャーでは今、「フライボール革命」が大流行。ゴロを転がせという日本の少年野球的理論とは真逆の考え方だ。極端な守備シフトの影響もあって、フライによる安打率が増加。選手はこぞってフライを打ち、それを本塁打量産につなげている。時折、極端なアッパースイングを見せる山田に「フライボール革命」というワードをぶつけると、「プロ野球の正解はひとつじゃない! フライボールとか気にしたことない」と言いながら、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る