• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能になった

 昨年のワールドシリーズを制したアストロズのルーノウGMと話をしていると、泥臭く、型にはまった野球界に属する人物ではないような印象を受ける。

 感覚的なものが支配しているように見える一つ一つのプレー――つまり速く投げる、強く打つ、速く走るなど――これらを数値化し、理論化し、どうすればそれらが可能になるのかを理路整然とした言葉で説明することは、実のところほとんどこの世界では行われてこなかった。

 例えばルーノウGMが最も重要視しているというOPS(出塁率に長打率を加味した数字)に関してはこう言う。

「とにかく塁に出ることにプライオリティーを置くのであれば、バットにボールを当てることがうまい選手を集める。つまり三振の多い選手は放出し、そうでない選手でラインアップを固めることから始める」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る