• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能になった

 昨年のワールドシリーズを制したアストロズのルーノウGMと話をしていると、泥臭く、型にはまった野球界に属する人物ではないような印象を受ける。

 感覚的なものが支配しているように見える一つ一つのプレー――つまり速く投げる、強く打つ、速く走るなど――これらを数値化し、理論化し、どうすればそれらが可能になるのかを理路整然とした言葉で説明することは、実のところほとんどこの世界では行われてこなかった。

 例えばルーノウGMが最も重要視しているというOPS(出塁率に長打率を加味した数字)に関してはこう言う。

「とにかく塁に出ることにプライオリティーを置くのであれば、バットにボールを当てることがうまい選手を集める。つまり三振の多い選手は放出し、そうでない選手でラインアップを固めることから始める」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る