フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能になった

公開日:

 昨年のワールドシリーズを制したアストロズのルーノウGMと話をしていると、泥臭く、型にはまった野球界に属する人物ではないような印象を受ける。

 感覚的なものが支配しているように見える一つ一つのプレー――つまり速く投げる、強く打つ、速く走るなど――これらを数値化し、理論化し、どうすればそれらが可能になるのかを理路整然とした言葉で説明することは、実のところほとんどこの世界では行われてこなかった。

 例えばルーノウGMが最も重要視しているというOPS(出塁率に長打率を加味した数字)に関してはこう言う。

「とにかく塁に出ることにプライオリティーを置くのであれば、バットにボールを当てることがうまい選手を集める。つまり三振の多い選手は放出し、そうでない選手でラインアップを固めることから始める」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る