フライボール革命によって本塁打を打つ練習が可能になった

公開日:

 昨年のワールドシリーズを制したアストロズのルーノウGMと話をしていると、泥臭く、型にはまった野球界に属する人物ではないような印象を受ける。

 感覚的なものが支配しているように見える一つ一つのプレー――つまり速く投げる、強く打つ、速く走るなど――これらを数値化し、理論化し、どうすればそれらが可能になるのかを理路整然とした言葉で説明することは、実のところほとんどこの世界では行われてこなかった。

 例えばルーノウGMが最も重要視しているというOPS(出塁率に長打率を加味した数字)に関してはこう言う。

「とにかく塁に出ることにプライオリティーを置くのであれば、バットにボールを当てることがうまい選手を集める。つまり三振の多い選手は放出し、そうでない選手でラインアップを固めることから始める」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る